6月園だより

神戸幼稚園 園庭からみる園舎

 

 

 初夏の光を浴びて、ポンプから溢れる出る水がキラキラと輝きます。はだしの子どもたちが集まり、跳ねると水しぶきが飛び出します。

「土と水とお日さまと遊ぼう」は神戸幼稚園のテーマです。この風景こそ、無邪気に夢中に遊ぶ子どもの姿です。

土 神戸幼稚園の園庭には泥場と砂場が用意されています。質の違いによってあたたかさ・固まり具合・水の浸透具合・色・音を子どもたちは感じているはずです。

水 水は貴重な資源です。蛇口から制限なく流れ出る水をそれで良しと見ているのはどうでしょうか。神戸幼稚園では自分の力でポンプからくみ出し、バケツや桶でえっちらおっちら運びます。この力を入れた瞬間こそ、水を愛おしく想う瞬間です。

お日さま 登園すると「今日は晴れたから外で遊べるね!!」と玄関を飛び込んで来ます。

高い空から見守り、平等にエネルギーを注いでくれるお日様は子どもたちの応援団長です。

神戸幼稚園はどろんこ遊びを長い間続けてきました。どろんこ遊びをしている時の子どもの笑顔を見て歓声を聞いてしまったら、やっぱり子どもはどろんこ遊びが大好きなんだと、大切にしなければと思うわけです。

汚れるほど遊ぶことをそもそも経験してない保護者の方もいらっしゃるでしょう。大人社会がキレイを求めれば、自然と子どももキレイに付き合ってしまいます。ミントグリーンの体操着が汚れてきたらそれは元気に遊んだ証拠の勲章です。喜んで下さい。この幼児期にしか経験できないことを思いきり解放感に満ちてできた証(あかし)です。

年少組のお母さんはどろだらけの体操着を見て、これが毎日続いたら・・・と思われるかもしれませんが、学年が進むにつれて上手に汚す(笑)ようになりますから御安心下さい。

どろんこ遊びの解放感は子どもたちの遊びの原点です。

前の記事

5月の子どもたち

次の記事

6月の子どもたち