7月園だより

神戸幼稚園 園庭からみる園舎

 

気温はすでに30度超えの日もあり、この夏の猛暑を予感させています。

天気さえ良ければ、子どもたちは外へ飛び出します。(特に気温が高い日は時間制限をしていますが)ジャブジャブ池のポンプから白い水しぶきが飛び散り、

年少組は池に滞まった水の中でジャンプして、大はしゃぎ。

年中組は池の水を泥場に運んで、トロトロチョコレートやカレー作り。穴を掘って水をためて、足をつけて足湯づくりもしています。

年長組はシャベルで、細く長く道を掘り、大量の水を流して川作りに励んでいます。おしゃべりしながら、友だちのまねっこをして、顔を見合わせては笑っている姿は、ほんとうに楽しそうです。笑い声は高い青い空へ吸い込まれていきます。やはり子どもは蜜になって育っていくものです。幼稚園も始まり緊張が続く1ヶ月でしたね。

各学年昼食も始まり長い時間幼稚園にいますから疲れも出てくる頃です。しっかり休養をとってお過ごし下さい。

園長 千代田正美