10月園だより

空は高くいわし雲が泳ぎ、すすきの穂が優しくゆれる秋風が吹いています。園庭では運動会ごっこを合言葉に、子どもたちと先生方で運動会に向けての取り組みが続いています。

年少組の子どもたちは、運動会と言われても何だかわからないな何だろう?ということはまだ経験がないのですから仕方がないことです。でも「よーーいどん!」の号令がかかるかけっこは大好きです。また、お尻がぷっくりふくらんだ、岡田先生・地蔵先生・小島先生手作りのみつばちに変身する衣装をつけたダンスではプリプリお尻を左右に振りながら踊り、愛くるしいばかりです。

年中組のダンスは子どもたちが汽車に変身です。曲の途中に連結していく場面があります。片手が前のお友だちの肩からずれたり、足がからんだり、ハプニングが続出ですがその時の「あーあー」という表情が子どもらしさ満面です。かけっこではゴールの篠島先生・平林先生めざして、全力で向かう子どもたちの勢いがまぶしいです。

年長組は幼稚園最後の運動会です。
組体操・パラバルーン・リレーなど、自分のためにみんなのために、頑張る競技が続きます。勝負だけでなく、競技前に熊川先生・島田先生中心に行う作戦タイムが心を打ちます。まわりの人たちからの応援を受けて苦手でもがんばり、仲間同士で高めあう姿はたくましい限りです。

運動会や数々の園行事は、我が子が成長したなぁ・学んだなぁ・ということを実感して頂くためにあります。子ども同士を比べるためにあるのではありません。お子さんの息使い・表情・蹴り上げる足などを見て、心で感じてあげて下さい。そして子どもながらにがんばっているなぁと心が動いたら、大きな拍手を送り抱きしめてあげて下さい。

運動会当日は晴れますように。

園長 千代田正美