10月園だより

神戸幼稚園 園庭からみる園舎

豪雨・台風・地震等で被害を受けられた皆様の早い復興を心よりお祈り申し上げます。

理事長 鈴木 一光

園 長 千代田正美

教職員一同

年少組はコロコロです。運動会って何?と子どもたちはきっと思っています。でもね、先生とお友だちと手をつないで大きな丸を作ったり、よーいどんとかけっこする時は、楽しくてにこにこです。まだまだ小さな体を、精一杯動かしている姿は、園庭をコロコロころがっているかのようにかわいいのです。いよいよこの季節がやってきました。1年間の中でも大イベントである運動会が間近です。雨が多くて、なかなか外での練習が出来ない日も続いていますが、子どもたちの心の中はウキウキです。

 年中組は弾けています。かけっこでダッシュ、玉入れでジャンプ、ダンスでソレ!ソレ!賑やかなかけ声が園庭に響きます。ぼくが1番わたしが1番と、胸を前へ前へとそり出して走ります。子どもたちの全身に内臓されたバネがあるかのように弾けています。ワッショイ!とかけ声かければパワー全開です。

 年長組はパワフルです。すっかり大きくなった体を全力で使っているのはもちろん。頭も心もフル回転です。ONE FOR ALL ALL FOR ONE(1人はみんなのためにみんなは1人のために)自分の力を発揮し、その力がチームのためになっていくこと。1人1人得意や苦手がある中で、チームが勝つということを勉強しています。年長組のリレーはバトンをつなぐことが目標ですが、それまでに丸くなってチームで勝つための作戦会議が何回もくり返されたことが、人としての成長につながっていると思われます。

 子どもたちは運動会に向けて、最高のスタートをきりました。あとは天気です。当日、練習を重ねた子どもたちへのご褒美に、晴れの舞台が用意されることを願ってやみません。

運動会はじめ数々の園行事は、御家族に、我が子が成長したなぁ学んだなぁということを実感していただくためにあります。がんばっているなぁと感じたら抱きしめてあげて下さい。どの競技にも大きな拍手を!!

拍手で子どもたちを包みこむ運動会にいたしましょう!!

園長 千代田正美