6月園だより

土と水と光で遊ぼう。これが神戸幼稚園の遊びのテーマです。

土と水と光があれば、自然に子どもたちは遊び始めます。足の裏をくすぐる土・両手にあふれるじゃぶじゃぶ池から汲み出される水。まぶしい位にふりそそぐお日様は、子どもたちの仲間であり、教材です。
『あったかいね』
さくら組が堀ったと思える、2人ばかりがやっと足を入れることができる穴。そこに年中組仲良し女の子2人組がやってきて、これはおもしろいものを見つけたとばかりに水を運び、穴に向かって入れはじめました。たっぷり水が入ると2人でバシャッと音を立てて入り、キャッキャッと大喜び。抱き合ってゴッツンコ。もっと大喜び。小さな水たまりは日の光と子どもたちの体温で暖められ、「あったかいねぇ~」とお風呂のような水温から安心感が生まれていました。
『チョコレートですよ』
水と泥・水と砂を見事に調合して、園庭には毎日オリジナルチョコレートのお店が並びます。 どろんこ遊びは何度も作品の作り直しが出来るし、友達と素材が平等なのがいいですね。向かいあっておしゃべりしながら、指の間をこぼれるどろどろは、子どもたちの心をとってもやわらかくしてくれます。
『1人の世界の中で』
砂場のへりに座り込んでる男の子。うずくまっているからどうかしたのかと思い、のぞきこむと見えたのはにんまり顔。何をしているのかと見ると、どろんこを自らの手で足にすり込んでいる。これはお家ではなかなかできないことですね。そして幼児期だからこそ思いっきりしたいことですね。

どろんこは子ども自身が自分で楽しみを見つけたり心を解放したりする場であって、目的があるかといえばないかもしれません。しかしどろんこは確実に子どもたちの五感を刺激して、心を優しくしてくれています。

園長 千代田正美